M・S球の少ない高品質高貯蔵甲高黄玉葱

北海天心

「北海天心」イメージ

拡大写真をご覧になりたい方は写真をクリックして下さい。




特性

適作型

栽培の注意

栽培の手引

は 種
在来種(札幌黄等)に比べて、高温型の発芽をしめすので、18〜23℃位が、発芽適温である。 尚、発芽後の徒長等、高温障害には、注意を必要とし、おさえぎみに管理する。
育苗・移植(定植)
育苗日数は、55日位で、強健な4〜5mmと茎太く、葉身は適度に長く、12〜15本の根数を持つ、揃いの良い苗を地温8℃以上の、肥伏・熟畑に植える。 栽植密度は33000本(10a当り株数)をめやすとして、機械植えが理想。 尚、くれぐれも、5月中旬までには終える事。
収 穫
倒伏期が遅く、揃い期後からの肥大力が強いので枯葉期までの薬散、倒伏揃期後20〜25日をめどの根切り、その後の管理を徹底し、首部が完全に枯れてから収穫する。

栽培チャート

「天心」栽培チャート
※上記栽培体系を参考に貴地にに合った天心の栽培を心掛けて下さい。

Copyright (C) 1996-2005 by Nippon Norin Seed Co. All rights reserved.

このホームページに関すること、 ご意見・ご感想は電子メールでも受け付けます。
info@norin.co.jp