三季蒔出来るサワータイプの新丸型キャベツ

藍春ゴールド

「藍春ゴールド」イメージ

拡大写真をご覧になりたい方は写真をクリックして下さい。




特性

外葉は濃緑色の丸葉で大きさは中型、立性で密植可能である。 熟期は、夏蒔で定植後65日内外で収穫期に達する中早生種で、結球後の裂球も遅い。 結球は結球肥大型に属し、玉は1.4kg内外の丸型で緑濃く新鮮味がある。 芯は低く良く緊り肉質柔かく甘味があり食昧よい。

適作型

平坦地の2〜3月蒔−6月中旬〜7月収穫。 6月下旬〜8月上旬蒔−10月上旬〜年内収穫。 10月下旬〜11月蒔−5月中旬〜6月収穫。

栽培の注意

萎黄病抵抗性はないので激発地での栽培は避ける。 特に初期の生育を良くし外葉を作ることに心がける。

栽培チャート

「藍春ゴールド」栽培チャート

Copyright (C) 1996-2005 by Nippon Norin Seed Co. All rights reserved.

このホームページに関すること、 ご意見・ご感想は電子メールでも受け付けます。
info@norin.co.jp